芸スポまとめブログ!・げすまと

芸能+スポーツ=芸スポ♪ なので、ココは芸スポをまとめたブログの『げすまと』と言います!(げ〇きわ ではございません!)

    1:5ch名無し民2022/01/16(日) 21:44:06.46ID:CAP_USER9

    日本代表の森保一監督(53)が重用を続けるDF長友佑都(35=FC東京)を改めて高く評価した。

     指揮官は16日のオンライン取材で「佑都は世界のトップのクラブで経験があるし、代表でも最高の経験を持っている。世界基準で戦える選手だと思っている」。さらに批判の対象となった昨年10月12日のカタールW杯アジア最終予選オーストラリア戦(埼スタ)で長友が裏を取られて失点につながったシーンについても「あ○こは佑都だけの問題ではなかったし、チームでプレシャーをかけていくタイミングがうまくいかず、連係、連動が取れてない中で失点につながるFKになった」と説明した。

     続けて「佑都は奪いにいく守備ができる。奪いにいくことは、裏を取られる局面もあるかとは思うが、引いて守るでは高いレベルのサッカーで勝っていけない。彼が積極的にボールを奪いにいくことは、世界で勝っていく基準を示している。いろんなデータを取っても、佑都のパフォーマンスで批判を受けるようなデータは全く出ていない。いろいろな見方はあると思うが、十分なパフォーマンスをしている」。プレー面に問題がないことを強調した。

     その上で常に前向きな姿勢も「どんなときも前向きにやっていく雰囲気を出してもらえるのはありがたい」と絶賛。指揮官の頭に��長友外し�≠ヘなさそうだ。

    東スポ 1/16(日) 21:12
    ttps://news.yahoo.co.jp/articles/6577e68d6312165109628ef37a485cb7034598c9

    写真ttps://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220116-03931931-tospoweb-000-2-view.jpg?pri=l&w=464&h=640&exp=10800


    【【サッカー】<森保監督>長友批判を一蹴「世界のトップのクラブで経験がある。代表でも最高の経験を持っている。世界基準で戦える選手」】の続きを読む

    1:5ch名無し民2022/01/17(月) 01:01:01.56ID:CAP_USER9

    [1.16 プレミアリーグ第22節 リバプール 3-0 ブレントフォード]

     プレミアリーグは16日、第22節を行い、FW南野拓実が所属するリバプールがブレントフォードをホームに迎え、3-0の完封勝利を収めてリーグ戦4試合ぶりの白星を獲得した。後半29分から出場した南野は1ゴールを記録している。

    FWモハメド・サラー、FWサディオ・マネらをアフリカ・ネーションズカップ出場のために欠くリバプール。前線は右からFWアレックス・オクスレイド・チェンバレン、FWロベルト・フィルミーノ、FWディオゴ・ジョタが並び、南野はベンチスタートとなった。

     序盤からボールを保持して試合を進めるリバプール。多くのセットプレーを得るなど、幾度となくゴールに迫るが、ブレントフォードゴールをこじ開けられない。
    しかし、前半終了間際の同44分、DFトレント・アレクサンダー・アーノルドが蹴り出したCKがファーサイドまで抜けると、DFファビーニョがヘディングで押し込んでスコアを1-0とした。

    リバプールが1点をリードしたまま後半を迎えると、同18分に追加点のチャンス。だが、PA内のこぼれ球に反応したジョタの強烈なシュートはポストを叩き、セカンドボールを拾ったフィルミーノのシュートはGKアルバロ・フェルナンデスの守備範囲に飛んでしまった。

     しかし、後半24分、左サイドからDFアンドリュー・ロバートソンが送ったクロスに走り込んだチェンバレンがダイビングヘッドで突き刺し、リバプールがリードを2点差に広げる。

    後半29分にはチェンバレンに代わって南野が投入され、右ウイングの位置に入った。すると、同32分、南野が大仕事。前線からプレッシャーをかけてフィルミーノがPA内でボール奪取すると、南野へ。
    ゴール前で受けた南野は後方から走り込んだフィルミーノに預けるが、リターンパスを呼び込むと右足ダイレクトで落ち着いて蹴り込んだ。この日が27歳の誕生日となる南野はバースデーゴール。プレミアリーグでは11月20日の第12節アーセナル戦以来となるゴールを記録した。

    その後、リバプールに追加点こそ生まれなかったものの、ブレントフォードの反撃を許さずに逃げ切って3-0の完封勝利を収めた。

    ttps://news.yahoo.co.jp/articles/f01c7277245aa17c089fab64e8c71375dab988d6


    【【サッカー】南野が決めた!! フィルミーノの“プレゼントパス”から27歳バースデー弾!! リバプール、3発快勝で4試合ぶり白星】の続きを読む

    1:5ch名無し民2022/01/17(月) 00:45:52.33ID:CAP_USER9

    ttps://news.yahoo.co.jp/articles/91f841be03feae423bcc218dd1bea0955379f7f1

     人気ユーチューバー・ヒカル(30)が14日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、テレビ進出への意欲を示す場面があった。

     ユーチューバー・エミリンとのドライブトークの中で「2022年の目標」を聞かれたヒカルは「もっと美しくなりたい」と一言。「鏡見るたび『ちょっと違うな』って思うんよな。肌一つとっても、まだまだ汚いと思うし○。運動神経みたいに肌神経みたいなのがあると思っていて、10レベルでいうと俺は2からスタートして7くらいまで来てると思っていて。それをどこまでいけるのか楽しみでさ、顔にかけたトータル費用は1000万円超えとるわけよ。肌を綺麗にするためだけに」と話して、驚かせた。

     そこまで美容にこだわる理由について、ヒカルは「実は、テレビにも進出しようと思っていて」と告白。「テレビで有名になりたいというよりも、広告として使いたいという気持ちが芽生えとって。テレビに出ることでしか手に入らない層があって、いい出方をすれば月に1回でも相当話題性もあると思うし。その時にテレビのカメラって、エグイくらい画質がいいやん。その画質に耐えられるくらいの肌を手に入れたいってのが1個のテーマなわけ。歯の矯正をしたのも、それが理由で。肌と歯が綺麗っていう2個を持った状態の方が、言葉が入りやすいなと思って」と話した。

     「テレビで通用する可能性が俺にはあると思っていて。トークもある程度いけるし、ユーチューバーとしても有名だし、実業家としての実績もあるから。爆弾発言と炎上もオッケーやからさ。見た目がかっこよくなっとけば、かなりの需要があると思ったわけ。あと、宮迫(博之)さんのおかげで、土俵的に芸能人とトークしやすい。(テレビ局から)現にオファーも来てるけど、肌が汚いから断っとるな。いずれは勝負を仕掛けにいくタイミングが来ると思っているんで、満を持して戦いに行きます!」と、宣言した。


    【【YouTuber】ヒカル、テレビ進出へ 「テレビで通用する可能性が俺にはあると思っていて。トークもある程度いけるし」】の続きを読む

    1:5ch名無し民2022/01/16(日) 23:55:35.93ID:CAP_USER9

    「織田裕二」出演ドラマで好きな作品はなに?
    4作品を紹介!


    俳優・歌手として活躍する織田裕二さんは、これまでさまざまな人気ドラマや映画に出演してきました。
    エネルギッシュで情熱的な演技や、多彩な役をこなす幅の広さなど、唯一無二の存在感を放っていますよね。


    そこで今回は、織田裕二さんの出演ドラマから、4作品を紹介します。

    ●東京ラブストーリー

    1991年に放送されたトレンディドラマ「東京ラブストーリー」は、織田さんが大ブレイクするきっかけとなった作品。柴門ふみさんによる同名漫画を原作としています。
    東京を舞台に男女の想いが交錯する恋物語は、若い女性を中心に大ヒット。織田裕二さんは2人の女性の間で揺れる永尾完治(カンチ)を演じ、一躍人気俳優へと躍り出ました。


    ●振り返れば奴がいる

    「振り返れば奴がいる」は、1993年に放送されたドラマ。2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を手掛ける三谷幸喜さんが脚本を務めた作品です。
    病院を舞台に、性格も考え方も異なる2人の医師の対立と絆を描いたシリアスな物語で、織田さんが演じたのは冷徹な天才外科医・司馬江太郎。ラストシーンの衝撃を、今でも覚えているという人も多いのではないでしょうか。


    ●お金がない!

    1994年放送の「お金がない!」は、勤め先の工場が倒産し苦境に陥った青年が、持ち前の才覚と強運を武器にビジネスマンとして成功をつかむサクセスストーリー。
    織田さんは明るくポジティブな主人公・萩原健太郎を演じました。主題歌の「OVER THE TROUBLE」も織田さんが歌っており、ドラマとともにこちらもヒットしました。


    ●踊る大捜査線シリーズ

    フジテレビを代表する刑事ドラマの1つである「踊る大捜査線」シリーズは、1997年に連続ドラマとしてスタートした作品。後には多数のスペシャルドラマや劇場版、スピンオフ作品も制作され、一連のシリーズはいまなお高い人気を誇っています。
    織田さんが演じた刑事・青島俊作は、営業マンとして働いていた経験や人懐こい性格を生かし、さまざまな事件で活躍。飄々とした雰囲気ながらも、胸には熱い正義感を秘めた青島の姿にあこがれた人も多いのでは?


    ●あなたが好きな織田裕二さん出演ドラマは?
    織田裕二さんがこれまで出演してきたドラマから、4本を紹介しました。このほかにも、「外交官 黒田康作」や「IQ246〜華麗なる事件簿〜」など、さまざまなドラマに出演しています。
    あなたが好きな、織田裕二さんの出演ドラマはなんですか?


    ttps://news.yahoo.co.jp/articles/7ba560555bad7cbe74f769509b36255b3490b058


    【【芸能】「織田裕二」出演ドラマで好きな作品はなに? 東ラブ、振り返れば奴がいる、お金がない、踊る大捜査線… ヒット作多数】の続きを読む

    1:5ch名無し民2022/01/16(日) 23:10:01.86ID:CAP_USER9

    ハライチの『M-1』漫才をボロカス…
    オール巨人の指摘に「こればかりは正論」
     

    一流お笑いコンビ『ハライチ』の漫才を、『M-1グランプリ』審査員を務める『オール阪神・巨人』のオール巨人が酷評。
    世間から共感を集め、技術は三流であることが明るみとなってしまった。

    1月4日、巨人はカジサックこと『キングコング』梶原雄太のYouTube動画に登場。
    『【巨人師匠��最後�≠フ総括】M-1グランプリ2021を巨人師匠に総括して頂きました』という企画で、昨年末に行われ『錦鯉』の優勝で終わった大会の雑感を述べた。


    各コンビについて述べていく中、巨人は「ハライチ」について「CSで単独ライブ見ててん」「何やこの単独ライブ? やる気ないんかい」
    「『おいおいどうしてん』と思いながら見てて」「これではもう(『M-1』に)出てこられへんやろな」など、元からいい印象を持っていなかったことを暴露。

    だが、昨年末の大会に関しては、「この1年間か1年半か知らんけども、めっちゃ頑張ったんは分かる」「そこら辺は熱いもんを感じた」とその心意気を評価する。


    しかし、評価はあくまで気持ちだけであって、ネタの内容はさっぱりだった模様。
    「ただ、あのネタはちょっと…」「どこで笑うの?」とかなり辛辣な評価を下したのだった。


    『ハライチ』酷評コメントに賛同の声が…

    大御所からなんともコテンパンにされてしまった「ハライチ」。
    信者がうるさいコンビなだけに、彼らのファンはこれに大激怒しネット大荒れ…と思いきや、意外にも

    《こればかりは正論》
    《捻りがなかったよな まさか繰り返すとは思わんかった》
    《なげぇしくせぇし、しつこいしで見てられんかった》
    《実質最下位よな》
    《後半の失速やばかったな ずっと一辺倒で変化なし》
    《ハライチってひたすら同じやつ繰り返すのがいまいちなのに、新しいネタでもひたすらこすっててそりゃだめだろと》
    《ラストイヤーで自分たちのやりたい漫才やってカッコいい、優勝を狙ってないのが凄い、2人が楽しんでて嬉しくなった 信者さえこんなコメントばっかで「面白い」はない》

    など巨人に共感の嵐となった。


    ラストイヤーで栄冠を逃した「ハライチ」。
    今後は、バラエティータレントとして生きるしかないのだろうか…。


    ttps://myjitsu.jp/archives/327045


    【【お笑い】オール巨人、ハライチの『M-1』漫才をボロカス… 「あのネタはちょっと…」「どこで笑うの?」】の続きを読む

    1:5ch名無し民2022/01/16(日) 21:40:27.78ID:CAP_USER9

    1/16(日) 20:20
    東スポWeb

    ヒカル 宮迫博之ぶっちゃけ動画に本音 “牛宮城” 撤退理由は「若林さんとやりたくなかった」
    ヒカル(東スポWeb)
     人気ユーチューバーのヒカル(30)が、15日に公開されたお笑い芸人・宮迫博之(51)のプロデュースする焼肉屋「牛宮城」の真相告白動画を見た上での��本音�≠�明かした。

     宮迫はオリラジ中田などとのコラボ動画「winwinwiiin」で牛宮城の内情を告白。経営は実は宮迫だけでなく、サポートする芸能プロダクション「ノーブル」の若林和人氏に決定権があることや、実は時計や車を売らなくても金銭的には大丈夫な事が明かされた。

     ヒカルは16日にタイトル「牛宮城の昨日の動画を見て率直な本音」で動画を配信。

     ヒカルが牛宮城を撤退する時にはあえて若林氏の名前を挙げて、責任を追及することを避けていた。それだけに「若林さんという人が出てきたんですけど、正直言って『お前出てくるんかい』と思いました。(撤退動画の時は出演できないということで)濁してたんです」と少し飽きれたような表情を浮かべる。

     若林氏に決定権があることも「正直知らなかった。共同でやってるのは知ってましたけど。正直に言えば(撤退は)クオリティーの面と『若林さんとやりたくなかった』というのがあって。本当に(宮迫さんは若林氏に)任せきってたんで」とぶっちゃけ。

     肉のクオリティーに関しても「完璧と言っていた」だけに、まったく信用できず「若林さんを切るべきだ」と進言したが、宮迫は首を縦に振らなかった。「これに関しては仕方ない部分もある。共同経営の難しさがある」とヒカルは絞り出した。

     ヒカルの出資金は「オープンから2年かけて返すような提案を受けている」という。ヒカルと宮迫のコラボ解消の大きな要因として、若林氏の存在があったことが改めて浮き彫りとなった。

    ttps://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220116-03931850-tospoweb-000-3-view.jpg
    ttps://news.yahoo.co.jp/articles/74a0ea67f4acd8e0b47960c2196c20501939c714


    【【YouTuber】ヒカル 宮迫博之ぶっちゃけ動画に本音 “牛宮城” 撤退理由は「若林さんとやりたくなかった」】の続きを読む

    1:5ch名無し民2022/01/16(日) 20:29:19.63ID:CAP_USER9

    ttps://otokonokakurega.com/meet/secret-base/54662/

    海外の映画名を日本語で付け直す「邦題」。洋画の多くがこの邦題を採用しており、元タイトルとは違った意味合いのものとなる。
    「元タイトルのほうが魅力的だったのに・・・」と、不満を感じる方もいるだろう。しかし、原題よりもわかりやすくなるケースは数多く存在しており、現地の外国人が「日本タイトルのほうが合理的だ!」と、称賛する場面も少なくない。そこで今回は、洋画の邦題と原題を比較し、ダサいタイトルと素晴らしいタイトルをそれぞれ紹介しよう。最後まで読めば、邦題は別に悪いことではないと理解できるはずだ。

    ■邦題は原題よりもダサいのか?
    洋画が日本で公開される際は、タイトルが直訳されるわけではなく邦題になることが多い。中には「邦題がダサい!」と不満を抱える人もいるだろう。

    例えば、最近放映された「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」がこのパターンに該当する。原題は「Fast & Furious Hobbs & Show」というカッコいいタイトルなのだが、邦題に対しては「ダサすぎる」「幼稚っぽい」などの意見が寄せられた。

    また、ほかの例としては「The Mummy」という映画があげられる。邦題では「呪われた砂漠の王女」というサブタイトルが追加されており、「サブタイトルが安っぽい」「B級映画感が否めない」など否定的な声があがっている。
    このように、邦題が元タイトルよりもダサくなってしまったという事例が数多く存在する。やはり洋画はタイトルを変更せず、そのまま放映したほうがベストなのだろうか?

    ■原題よりも素晴らしくなることもある
    ここまで、邦題が原題よりもダサくなった事例を紹介したのだが、場合によっては合理的かつ素晴らしいタイトルへと変貌を遂げることもある。
    そもそも英語と日本語では表現の仕方が少し異なる。洋画のタイトルをそのまま放映してしまうと、多くの方が「どういう意味なのだろう?」と戸惑ってしまう。
    そのことから、表現を変えて邦題にすることは決して悪いことではなく、よりわかりやすく映画を楽しんでもらうための工夫でもあるのだ。なお、素晴らしい邦題としては以下のようなタイトルがあげられる。

    【リメンバー・ミー】
    ピクサーのCGアニメ映画である「リメンバー・ミー」。この映画は本来「Coco」という人物名をタイトルとして採用している。
    日本では「Coco」という名称が人物名だとわかりにくいため、「リメンバー・ミー」という邦題になった。そのままのタイトルで放映していた場合、ほとんどの日本人が「一体何のことだろう?」という疑問を持ったはずだ。

    【ランボー】
    日本で大人気な洋画「ランボー」は、原題では「First Blood」であり「最初の血」という意味を持つ。原題をそのまま活用しても特に違和感はないのだが、邦題によって「ランボー」という主人公の名前がタイトルになった。主人公が魅力的な映画であるため、原題よりもシンプルでわかりやすい表現になった。

    【マッドマックス 怒りのデスロード】
    「マッドマックス 怒りのデスロード」はセンスが良い邦題として有名だ。原題は「Mad Max: Fury Road」であり、直訳すると「怒りの道」という意味になる。
    原題とあまり大差がないように思えるが、「デス」という2文字を追加したことで、作中の雰囲気がより伝わりやすくなっている。また、原題よりも邦題のほうがインパクトがあり、より記憶に定着しやすいタイトルになった。

    全文はソースをご覧ください

    ★1:2022/01/16(日) 05:52:11.62
    【映画】洋画の邦題は元タイトルと違いすぎる? ダサい・素晴らしい邦題をそれぞれ紹介! [朝一から閉店までφ★]
    ttps://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1642279931/


    【【映画】洋画の邦題は元タイトルと違いすぎる? ダサい・素晴らしい邦題をそれぞれ紹介!★2】の続きを読む

    1:5ch名無し民2022/01/16(日) 19:23:27.89ID:CAP_USER9

    ttps://ytranking.net/blog/archives/67820
    1月14日、ゲーム実況者の「サワヤン」(登録者数103万人)が「【限界】法的措置を取ることになりました。」を公開。悪質な害悪ストーカーに対し、法的措置に踏み切ると報告しました。

    【限界】法的措置を取ることになりました。
    ttps://www.youtube.com/watch?v=y8ylLmnRKzk

    ウクライナ人兄弟のゲーム実況チャンネル
    サワヤンゲームズは、ウクライナ人兄弟である兄「サワ」と弟「ヤン」のゲーム実況チャンネル。
    “東欧のもこう”というキャッチフレーズの通り、有名実況者「もこう」(登録者数129万人)を彷彿とさせる、暴言や“台パン”などの過激なスタイルで注目を集め、2020年にブレイク。昨年末にはチャンネル登録者数100万人を達成しました。昨年5月にはサワが婚約を報告したことも話題となりました。


    約半年間に及ぶ「害悪ストーカー」行為
    サワは「タイトルにもあると思うんですけど、ちょっと重い感じのタイトルで皆さんにお知らせというか報告というか」と話し始めると、昨年8月頃から約半年間、サワが日頃プレイしている『マリオカート8デラックス』において視聴者から「害悪ストーカー行為」を受け続けていたと報告しました。

    サワは、これまで動画にしても面白くない、不愉快極まりないと思い、動画にはしていなかったそうですですが、1月13日に初めて動画でこのストーカー行為を取り上げました。

    【東欧のもこう】日本代表”KF25"と一緒に害悪ストーカーをフルボッコにしてみたwww【マリオカート8DX】
    ttps://www.youtube.com/watch?v=lK9agn93htM

    本人と接触するも繰り返される害悪ストーカー行為
    サワは、日頃から「S」という人物によるストーカー行為に悩んでいたとのこと。
    1月13日の動画では、視聴者に面白おかしく伝えつつも、ストーカー行為をする辞めさせたいという意図があったようです。

    ところがSは、名前やキャラを変えて同じような行為を繰り返したのだとか。
    サワにとってはゲーム実況が職業であり、この行為は業務妨害に当たると話します。

    サワは害悪ストーカー本人と接触することに。
    ツイッターのDMで「害悪行為やめてください」と求めたところ、Sは「辞める」と答えたそうですが、結局はやめなかったため、サワは限界を感じて法的措置を決めたそうです。


    精神的にダメージ
    サワは精神的苦痛を日々感じているとのこと。
    サワ曰く害悪ストーカーは「がきんちょ」だそうで、ツイッターのプロフィール欄に15歳と書いていたそうです。

    サワは、弁護士には相談を済ませており、「めんどくさいけどお金は多少あるので徹底的に最後までやり切ろうかなと思っております」と話しました。弁護士からは、

    大きくまとめると業務妨害罪にあたるケースになります。ゲーム実況の害悪行為は威力的な業務妨害罪にもあたりまして3年以下の懲役または50万円以下の罰金になるケースがあります。ここまでは一般的で当然起こりうる措置のケースになります。

    と回答されたそうです。

    明らかな証拠となる動画があるので、おそらくSが示談を求めてくるだろうと話します。

    また、Sは友人のアカウントを使って害悪ストーカー行為を繰り返してきたらしく、サワはこの友人に対しても法的措置を考えているとのこと。

    最後にサワは、「本人の意向もあると思いますが、順を追って徹底的に詰めていこう思うので、詰めていくというか徹底的に対処していこうと思うんで、ぜひよろしくお願いいたします」と言って締めくくりました。


    【【話題】人気YouTuber、マリオカートで妨害してきた悪質ストーカーのキッズを業務妨害で法的措置へ】の続きを読む

    1:5ch名無し民2022/01/16(日) 18:17:08.36ID:CAP_USER9

    ttps://yorozoonews.jp/article/14523276

    声優の田中真弓(67)が16日、都内で上映中の人気アニメシリーズ最新作「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸−再会−」の舞台あいさつに出席。前日の誕生日をサプライズケーキで祝福され、感激の涙を流した。

    イベント終盤に登場したケーキをきょとんとした表情で見つめた田中。登壇者からバースデーソングを祝福され、自ら「ハッピーバースデートゥーミー」と返した。客席からの拍手に包まれ「時間がないって聞いていたので、『何してるの?』って思いました。67歳になりました。あと3年で古希でございます。ワタルファンにお祝していただいてうれしいです。ありがとうございます!」と喜んだ。当初は笑顔で振る舞ったが、こらえきれず涙があふれ出た。それでも最後は「魔神英雄伝ワタルはハッキシ言っておもしろカッコイイぜ!」の決めぜりふで締めくくった。

    イベントでは、自身が演じる戦部ワタルの友人の虎王、その真の姿である翔龍子の二役を演じる伊倉一恵(62)とキャラクターデュエットソング「Prism」を初めて生歌唱。左手を大きく広げながら伸びのある歌声を届ける堂々としたパフォーマンスを見せた。一方で、ステージ前のスタッフが掲げる歌詞が書き込まれたカンペを度々のぞき込む一面も。歌唱後は「すいませんでした本当に」と土下座して歌詞を覚えていないことを謝罪し、会場を沸かせた。同曲の作詞作曲を手がけた草野華余子はLiSAの大ヒット曲「紅蓮華」を作曲したことでも知られており「草野華余子さんがいらしてないのが、本当に良かったなって。2回目はちゃんと歌えるように、本当にコソコソ覚えます」と話していた。

    ttps://public.potaufeu.asahi.com/238e-p/picture/26595530/0fbddd83796e7a8f4b5abb04200e086a_640px.jpg
    ttps://public.potaufeu.asahi.com/f8a3-p/picture/26595535/27ee97430ae376869a63dd678c163a64_640px.jpg
    ttps://public.potaufeu.asahi.com/9f37-p/picture/26595526/340f3304b24bc561eba5485850bed88c_640px.jpg
    ttps://public.potaufeu.asahi.com/8dab-p/picture/26595523/eb98b14bfe733ffb783a03a94cca0e7e_640px.jpg
    ttps://public.potaufeu.asahi.com/5887-p/picture/26595536/914e38a1abe6418ea10885b94e4f26de_640px.jpg


    【【声優】「魔神英雄伝ワタル」田中真弓 67歳誕生日サプライズ祝福に涙 土下座で謝罪する場面も】の続きを読む

    1:5ch名無し民2022/01/16(日) 17:51:00.85ID:CAP_USER9

    2022.01.16 17:30
    まいじつ 

    1月12日、人気番組『スカッとジャパン』(フジテレビ系)の打ち切りが報じられた。少し前にはお昼の番組『バイキングMORE』の打ち切りが発表されたこともあり、多くの人がフジテレビの改革を予感しているようだ。

    2014年10月からレギュラー化した「スカッとジャパン」は、視聴者から募集した��ムカッとする話�≠�俳優や芸人が再現し、最後にはスカッとする演出で悪者を成敗していくバラエティー番組である。

    少し前までは、再現ドラマに出演した俳優が再ブレークするキッカケを作るなど、大きな注目を集めていた。しかし最近の評判はイマイチで、

    《全然スカッとしない》
    《最初は本当っぽい話もあったけど、最近は寒くなるレベルの作り話になってきてるよね》
    《あからさまに作り話なのに、視聴者提供ということで責任逃れしてる胸クソわるい番組》
    などといった酷評が続出していた。

    「同番組は再現ドラマを作り、それをスタジオでゲストと共に視聴するため、通常のバラエティーに比べてコストが2倍掛かるといった話も。しかし最近は、6%程度の視聴率しか取れていませんでした。コストが掛かるのに視聴率が取れないとなれば、打ち切りも仕方のないことでしょう」(芸能ライター)


    『ネプリーグ』にも打ち切り疑惑が…

    またフジテレビでは、もう1つ打ち切りが囁かれている番組がある。それは、2003年からレギュラー放送されている『ネプリーグ』だ。同番組が放送されているのは、月曜19時から。「スカッとジャパン」が月曜20時から放送されているため、2番組を��セット�≠ナ観ている人も多いようで、

    《ネプリーグもスパッと切るべきだよね》
    《たけのこニョッキとかをやってる時代は面白かったんだけど、今や番宣番組だもんな》
    《スカッとジャパンとネプリーグどっちが打ち切りでもおかしくないレベルだよね》
    《同時間帯にやってるし、この時間帯は視聴率取れないってことじゃん?》
    など、両番組を批判する声が。

    月曜日19〜20時は、テレビ朝日系で『帰れマンデー見っけ隊!!』、日本テレビ系で『世界まる見え! テレビ特捜部』などの番組が放送されている時間帯。『ネプチューン』は冠番組が終了しまくっているが、果たして…。

    ttps://myjitsu.jp/archives/327612


    【『ネプリーグ』も打ち切りに!? フジテレビが月曜ゴールデンを大改革か…】の続きを読む

    このページのトップヘ